ー現場の声から学ぶー外国人児童生徒教育の今  

ICU教育研究所公開講座 開催の御案内

講座タイトル:ー現場の声から学ぶー外国人児童生徒教育の今  

日程: 2010年8月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
時間: 13:00?15:30
場所: 国際基督教大学(ICU)  ERB2-201号室
定員: 各日30名
参加費:無料

<講師>
第1回 8月21日(土)ー夜間中学編ー
関本保孝氏 墨田区立文花中学校夜間学級教諭
第2回 8月22日(日)ーNGO編ー
出口雅子氏 NGOピナット職員
第3回 8月28日(土)ー日本語学級編ー
小川郁子氏 北区立稲付中学校教諭
第4回 8月29日(日)ー定時制高校編ー
小綿剛氏  都立桜町高等学校定時制教諭


【参加申し込み】
kyouiku.seminar.uketsuke@live.jp (企画&申込受付担当:宮田)まで、
お名前、ご所属、参加希望日をお送り下さい。お申し込みは一日単位で承ります。

*ご送付頂いた個人情報は、本講座の運営手続きにのみ使用し、他での使用は一切行
いません。


【講演会とワークショップ 開催の趣旨】

近年、保護者の就労や国際結婚に伴って入国する「日本語指導が必要な外国人児童生
徒」が増えています。その子どもたちは、日本語、教科学習、アイデンディティ、進
路など多くの困難を抱えていますが、その状況はなかなか「見えにくい」と指摘され
ています。
この講演とワークショップでは、外国人児童生徒が特に多く在籍している学校現場、
子ども達への学校外での教育支援を行っているNGOから4名の講師をお招きし、それ
ぞれの現場の子ども達の現状、取り組み、指導法や教材の紹介や、子ども達と関わる
上でのアドバイスなどの講演及びワークショップを行います。
学校現場で子ども達に関わっている方も、学校外で子ども達に関わっている方も、そ
れぞれの現場の生の声から、「見えにくい」とされている子ども達の現状や困難につ
いてより深く知り、その支援の可能性についても共に学び考える機会となれば幸いで
す。

【プログラム】

つづきを読む