帰国生・継承語学習者への日本語教育を考える会とは

 近年、国際基督教大学(International Christian University: ICU)においても日本 語教育プログラムで履修する学生の持つ背景(過去の教育歴、生活環境など)が多様化 し、「外国語としての日本語」及び「帰国生のための日本語」のみならず、「第二言 語としての日本語」、「継承語としての日本語」の学習が求められるようになってき たと思われます。

 このような学生に対する日本語教育はどうあるべきかを考えたいと、有志が集まりました。 折良く、2008年度は日本国際基督教大学財団 (Japan ICU Foundation: JICUF)の助成金 (帰国生・継承語学習者のための日本語教育についての企画)を得、様々な企画を行うことができました。

 このウェブサイトは、2008年度に実施した企画のご紹介などを目的として作成いた しました。助成金は今年度で終わりますが、私たちは今後も海外の日本人学校・補習 校・国際学校に関する情報及びその他の関連情報を得たり、学生の様々な面における 多様化による日本語教育の課題を把握したり、その解決法を議論したりなどしていき たいと考えています。

 同じような考えをお持ちの方々とつながるきっかけとして、またそのようなみなさ まが様々な情報を得るきっかけとしてこのウェブサイトが役に立つならば大変うれし く思います。

有志一同

About Us

   In recent years, the background picture of students (past education history, environment, etc) studying under the Japanese Education Program have become tremendously diverse even at ICU (International Christian University). The demand of study is no longer only for "Japanese as a foreign language" and "Japanese for returnees," but also for "Japanese as a second language" and "Japanese as a heritage language."

   Wanting to figure out what the Japanese education should be for these types of students, members have gathered to form this group. Fortunately, we have been able to carry out various projects of the Japanese Language Education for returnees and heritage learners. under the help of a grant-in-aid from Japan ICU Foundation:JICUF in the year of 2008.

   This website has been constructed to introduce the projects we have put out in the year of 2008. The grant-in-aid ends this fiscal year, but we plan on continuing to seek information of Japanese schools in foreign countries, international schools, and discuss ways to correspond to the diversification of the students in many area.

If this site can become of any help to connect with people with similar thoughts, or creates an opportunity for those to gain useful information, it would be our utmost pleasure.

Staff